今年の夏は、海や花火やリゾートで騒ぐのではなく、「インプットしたい」という欲求が増していませんか?
しませんかそうですか夏の思い出つくりたいですか。

海や花火やリゾート避暑地も良いですが、そんな遠出しなくとも、感情が揺さぶられるエモーショナルな体験はできますよ!
イベント(ゲイイベント除く)、ギャラリー、ミュージアム、物産展…
非アクティブな僕でも、アートやグルメのスポットでエモい体験をしたい!と、思い立ったが吉日という考えが働くときがありまして、
けれど物理的にその日に行けないところを、今回覚書き…、ありていに言えば、自分のおでかけリストです。

ちなみに「エモい」とは

英語の「emotional」を由来とした、「感情が動かされた状態」、「感情が高まって強く訴えかける心の動き」などを意味する日本語の形容詞。 感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき、「哀愁を帯びた様」などに用いられる。
引用元: エモい – Wikipediaより

だそうです。多用しますね。

SUMMER 2018エモい!(笑)
休日に行きたいイベントやギャラリー7選

2018年夏に開催中の、今度の休日にでも行ってみたいイベントやギャラリーを、自分の備忘録も兼ねて7つご紹介します。
場所が関西圏中心ですが、今後は名古屋や東京など、シリーズとして全国各地の情報を記載していけたらなと思っています。

スポンサーリンク

namie amuro Final Space

<namie amuro Final Space>
会場 大阪 ナレッジキャピタル
(グランフロント大阪内)イベントラボ
期間 第1期
2018年7月14日(土)~7月29日(日)
第2期
2018年8月11日(土)~9月16日(日)
時間 10時~20時
入場料 1,500円(税込)
※システム利用料不要
URL http://namieamurofinalspace.com
平成の歌姫としてゲイからも圧倒的人気の誇る安室奈美恵の、これまで歩んだ25年間の軌跡を辿る体感型展覧会<namie amuro Final Space>が、今夏、東京、大阪、福岡、沖縄の4会場で開催ですね!大阪では、グランフロント大阪にあるナレッジキャピタルで開催のようで!冷房ガンガン効いてて安心ですね!笑
文字通り安室奈美恵の“Final Space”を表現している内容のようです。

クラスタはもちろん、コンサートに行くほどの熱は無いものの陰ながら応援しているぞって方も、こんなふうにブースで見れるものなら、気軽に行けて良いですね!と思ったらかなり人気のようで、入場制限や各イベントの利用制限が早くもかかっているみたいです。もうどんだけ人気やねん😂

スポンサーリンク

太陽の塔(内部)

<太陽の塔>
会場 大阪 万博記念公園 内
期間 4か月先まで予約可
時間 10時~17時
入館料 700円(税込)
※1回で最大6名まで予約可
※別途 万博記念公園入園料250円
URL http://taiyounotou-expo70.jp/
1970年に開催された日本万国博覧会のシンボルとして、芸術家・岡本太郎のデザインで作られた太陽の塔の内部は、博覧会閉幕以降約50年近く公開されていませんでしたが、このたび修復され一般公開が解禁となり話題となっています。

追記:行ってきました!
大部分が鉄筋コンクリート造でどっしりそびえ立つ太陽の塔は、間近で見上げると恐いくらいの迫力でした。中央部にある“太陽の顔”も、想像していたより遥かに大きく迫力あって、おしっこちびりそうになりました!←
岡本太郎による当時のプロデュース内容を、ガイドさんの説明で知れたことで、芸術の真髄に触れた気がします。
スポンサーリンク

未来のミライカフェ

<未来のミライカフェ>
会場 東京
THE GUEST cafe&diner
(池袋パルコ 本館7F)
期間 2018年8月10日(金)~9月24日(月祝)
時間 10時~22時(L.O.21時)
URL http://mirai-no-mirai.jp/
細田守監督の「スタジオ地図」とのコラボレーションカフェ「未来のミライカフェ」が、池袋パルコ・名古屋パルコにて期間限定でオープン!店内では映画『未来のミライ』とのオリジナルコラボメニューに加え、細田守監督 過去4作品に登場するキャラクターやシーンを彷彿とさせるコラボメニューのリバイバルも登場とのことです!僕はキャラグッズを集めたり愛でるほどのコレクターではないのですが、毎年夏になると「サマー・ウォーズ」と「時をかける少女」を取り憑かれたように見返しているので、自分にとっても心休まる作品なんだと思います。ファンシー過ぎない感じなら、ぜひ行ってみたいなー、と。甥っ子と姪っ子の付き添いに扮して←

スポンサーリンク

横山大観展

<横山大観展>
会場 京都国立近代美術館
期間 2018年6月8日(金)~7月22日(日)
時間 9:30~17:30
(金・土曜日は21:00まで)
入館料 一般 1,500円(税込)
URL http://taikan2018.exhn.jp/
10年ぶりの大回顧展は、作品が大きい分まさに雄大で、迫力を感じると思います。
横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念した回顧展で、上画像の「雲中富士」など代表作の他にも、新出作品や習作などの資料もあわせて展示されているようです。

スポンサーリンク

海月銀河(くらげぎんが)

<海遊館 – 海月銀河>
会場 大阪港 海遊館 内
時間 10時~20時
※月によっては変動あり
入館料 2,300円(税込)
WEBチケットあり
URL http://www.kaiyukan.com/
まるで宇宙を漂っているかのような漆黒の空間で浮かび上がるクラゲの透明感を、間近で見れる海遊館内の展示エリアです。
万華鏡のように一帯に広がる海月が幻想的だそうで、フォトジェニックだそうで、カップルだらけだそうで…
おひとりさまで行ってやりますよ。爆

スポンサーリンク

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地

<チームラボ 学ぶ!未来の遊園地>
会場 あべのハルカス美術館
期間 2018年7月13日(金)~9月2日(日)
時間 10時~20時
※月によっては変動あり
入館料 1,400円(税込)
URL https://futurepark.teamlab.art/
テクノロジーの発展により個人的になりがちな創造的な活動を、他者と共に共創の体験をすることで“日々をより共創的なものへ変えていける”のではないか、というプロジェクトで、世界各国で開催されるイベントはどれも話題となっていますね!この度天王寺・あべのハルカスで開催されるイベントは、お子さん連れの客層がターゲットっぽいアトラクションが多いなか、『花と共に生きる動物達 / Animals of Flowers, Symbiotic Lives』というブースは、光る花々で映し出される動物に触れながら光の洪水を浴びれてエモい!!!大人男子も行きたくなる幻想的な空間ですね!

スポンサーリンク

ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか

<ルーヴル美術館展>
肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか
会場 東京 国立新美術館 内
期間 2018年5月30日(水)~9月3日(月)
時間 10:00~18:00
(8/14以外毎週火曜日休館)
入館料 一般 1,600円(税込)
WEBチケットあり
URL http://www.ntv.co.jp/louvre2018/
古代から19世紀までの肖像作品が中心で、油彩画よりも石膏や彫像が全体を占めているのが今回の特徴のようにも見えます。
油彩画では、27年ぶりの来日となるヴェロネーゼの《美しきナーニ》など、繊細な質感描写が引き立つ女性の肖像画たちが結構見どころに感じます!
東京かぁ…、行くっきゃないですね。フェルメールやルノワールやモネなど、日本で名の知れた作品が見れるルーヴル美術館展が、また関西で開催されることを願っています…泣
それにしてもルーヴル展系って、なぜか毎回会場内グッズ売り場で限定ポストカードを買いたくなりますよね。普段買わない人でもルーヴル展では買っちゃいたくなって心がヴルヴル #ヴル美(み)

そんな感じです!

\ 当サイトも参加しています /
にほんブログ村ランキング 人気ブログランキング