“コワーキングスペース”という言葉がだいぶ定着してきている昨今、皆さんは活用していますか?
どうも。@CHIRORUです。

独立ゲイにおすすめ!ひと目が気にならないコワーキングスペース[大阪版]

その名を初めて耳にした方や、知っているけどどこに行けばいいのか迷っている方も
一度行けばその心地良さにうっとりラットリするはずです。

独立ゲイにおすすめ!
ひと目が気にならないコワーキングスペース(大阪版)

スポンサーリンク

コワーキングスペースとは

コワーキングスペースとは、業種や年齢を問わず様々な人達が共有のスペースに集まり、それぞれが独立した利用目的で作業を行う場所です。
比較的安値で利用プランも様々なので、ライフスタイルに合った料金プランを選べるようになっています。
電源、Wi-Fiなどのインフラが整っていて登記OKの所も多いため、特にフリーランス中心に利用者が増えているようです。かくいう僕もその1人ですね!
(※店舗によって運営形態・規約は異なります。)

なので、

フリーで活動している方なら仕事用として。
学生なら集中して勉強したいとき。
ベンチャー企業なら、セミナーを開くための一室として。
などなど、その利用方法は多岐に渡ります。

いわゆる”シェアオフィス”という括りと近いですが、席はたいてい仕切りが無く、どこに座ってもOKというフリーアドレス形態で、毎日いろんな方が出入りしています。
なので部屋にこもって1人黙々と作業しても捗らない方にとっては、なんだか開放的な気分になると思います:)

ゲイにおすすめ大阪コワーキング

共有スペースゆえに・・・

共有スペースゆえにいろんな方の話し声や視線があります。
ノマドワーカーのみなら割と静かですが、グループで利用する方々も多いので、ガヤガヤする時間帯もしばしば。
もちろん、いろんな能力や経験を持った人達の話を聞くチャンスでもあり、積極的に関わっていけば自分にとって良い刺激になるとは思います。

で・す・が。

裏を返せば「ひと目を避けるのが大変」とも言えます。

僕が普段扱っている案件の中には稀に、「人によっては見たくないと思う内容」もあります。
例えば、他人様の5才児のお子さんに見せつけても良心の呵責を感じないかどうか、と問われると、「NG」かなぁ〜みたいな。笑(我ながら微妙な例え…)

つまり、開いているPC画面を見られたくないんですけどwww、という僕にとって、
コワーキングスペースはメリットとデメリットが共存している空間なのです。

どうしよう、どうしましょう。

・・・というのが昨年までの僕の思考でした。

いま現在は、結構見つかりました。ひと目が気にならないコワーキングスペースが!

僕と同じ悩みを抱えている方のために、情報共有したいと思います!

腐男子ブログCOE管理人チロルアイコン画像

大阪界隈で活動しているので、大阪版としてのご紹介になりますが、東京への取材も行う予定ですので、東京版は追ってご紹介します。

一覧まとめサイトは他にあると思いますので、ここでは行ってみないとわからない要点をまとめてお伝えします!
オススメを厳選しました。

さらに、以下の主なサービスが備わっている店舗に絞っています。
全席充電プラグ / 高速Wi-Fi / コピー&プリントアウト / フリードリンク(コーヒー・カフェラテ・カプチーノetc) / 住所登記利用 / 郵便物受取り / ゲスト招待 / ロッカー貸出 / 途中外出OK

コワーキングスペース一覧[大阪版]

会員制 異業種交流サロン『KANDAI Me RISE倶楽部』

とにかくキレイで天井高い開放的な広い空間で仕事したい!という意識高い系エグゼクティブゲイもご納得のコワーキングスペースです。爆

関大キャンパスが運営している施設で、施設1階〜2階一般エリアにはこれまたオシャンティーな蔦屋書店×スタバが営業しています。
コワーキングは3階〜4階にあり、正会員にはスタバのコーヒーを3階まで配達してくれるサービスがあります!なんか恥ずかしくない?!笑

https://www.kansai-u.ac.jp/umeda/meriseclub/index.html

他と違う点といえば、
会員制なので、いきなり行って入れる「ドロップイン制」ではない点です。
会員になるためには面談とクレジットカードの審査が必須となります。
つまりは学生の利用は不可で、社会人のみが対象です。入会申し込み時期によっては、利用できるまで手続きで1ヶ月ほどかかってしまう場合があります。
ただその分、利用者の本気度が違うというか、良い意味で身が引き締まる空間です。また、窓口の方々の細やかな対応や設備の充実さも群を抜いています。

お問い合わせ先

〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
関西大学梅田キャンパス サロン事務局
電話:06-4256-6306(10:00〜18:00、月〜金)
E-mail:umedaku@ml.kandai.jp

サイトを見る

お店の特徴メモ

・キャリアアップ・ビジネスに便利な設備が豊富!
・2000冊以上のライブラリーを利用可能!
・定期的に会員限定のセミナーや交流会が実施される。
・阪急梅田駅から徒歩5分、JR大阪駅から徒歩8分という好立地!

『THE LINKS KITAHAMA』

大阪のおしゃれスポット・北浜にあるコワーキングスペース・レンタルスペースだからなのか、気持ちが高揚すること間違い無しの超絶オシャレな空間です。
スタッフの方がハンドドリップで淹れてくれるコーヒーがとっても美味しいです!パーフェクツ!

ドロップインが利用できます。
(500円/1h)※入会金不要

https://links-kitahama.com/

他と違う点といえば、
ビジネス街の淀屋橋にも近いからか、よりビジネスマンユーザー向けを意識しているって感じでしょうか。
スーツリーマン率が高いです。一見サードウェーブ系男子が多そうな空間デザインな気もしますが。笑

会員限定交流会も多く開催されていて、なおかつ集客力がすごい!盛況のようです。
気になる方はインスタグラムをチェックしてみてください。

お問い合わせ先

〒541-0042 大阪市中央区今橋2-3-16 MID今橋ビル1F
THE LINKS KITAHAMA
電話:06-6226-0002
OPEN:9:00-22:00(平日)/9:00-20:00(土曜)

サイトを見る

お店の特徴メモ

・デザイン性と機能性を兼ね備えた、上質でスタイリッシュな空間!
・ホスピタリティと笑顔に溢れるコミュニケータースタッフ!
・フリードリンクのコーヒーの種類が充実!
・北浜駅から徒歩3分、淀屋橋駅から徒歩5分という好立地!

『Co:Labo梅田』

 ※追記:2018年1月末で梅田店が閉店してしまいました…。なんば店は営業しています! 

飲食OKかどうかって、大事だと思いませんか?
コワーキングスペースはほとんどの店舗で飲食OKですが、例えば上記の「KANDAI Me RISE倶楽部」さんでは、臭いが強い食べ物の持ち込みは禁止です。つまり施設内では食べないほうが無難ってわけでして…。
まぁ共同スペースにおけるマナーとしてってのもあるんですが。笑

その点こちらの「Co:Labo梅田」さんは飲食ガンガンOKです。笑
※とはいえ最低限のマナーとして、臭いが強い飲食はなるべく控えましょう。汗

梅田店は13階にあるので、天気の良い日は屋上(の下?あたりのスペース)に出て扇町付近を見下ろせますよ!
まぁ、兎我野町というネオン街の裏なので、爽快さには欠けますが…。
内装も決してオシャレではないですが、利用者目線のちょうど良いこの”ユルさ”が、ポイント高いと思います。
事実、土日はどこの店舗より人気です。平日は比較的空いています。狙い目!

ドロップインが利用できます。
(300円/1h)※入会金不要

お問い合わせ先(梅田店)

〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2-21 ニュープラザビル13F
Co:Labo梅田
電話:06-4792-8046
OPEN:9:00-22:00(チェックインは21時まで)

サイトを見る

お店の特徴メモ

・早割や平日割など、更にお得な料金プランが充実!
・大阪・難波店の2店舗を併用できる!
・本格エスプレッソカフェマシーンが設置!でも味は好みが別れるかも。笑
・私語厳禁で仕切り付きの集中スペース席も多数!

以上、とりあえず3つのご紹介でした!

ちなみに、梅田スカイビル近くにある「THE PLACE」というレストラン(←超美味しい)の2階で運営されていたTHE(COMMON)PLACEというコワーキングスペースがお気に入りでご紹介したかったんですが、
2017年8月で運営終了になりました…残念!
出会いもあれば、別れもあるってもんよ。めまぐるしく変わる環境の変化に耐える、というか「楽しむ」スタンスでいることが、フリーランスにとって大事ですね:)

それでも、このTHE(COMMON)PLACEはまた復活してくれることを祈っています!笑

『THE(COMMON)PLACE』

いかがでしたか?興味ありますか!そうですか!
「BL〜ボーイズラブ〜」や「ゲイ(もしくはLGBTQ)」がテーマのコミュニティは、
いまやパレードや様々なフェアなどがあり、陽のあたった屋外での活動が活発に行われています。…うーん、その割には、なんだかまだクローズドなイメージ。解せぬ。

室内でも、コワーキングスペースのようなパブリックな空間があるので、是非そういったイベントにもどんどん活用してほしいですね!
BL系イベントなら座談会など。ゲイ関連ならワークショップ系イベントでしょうか。
カフェやお店の一角で開催するより、発信力ある人達が集まると思うんですよねぇ。

スポンサーリンク

まとめ「人に囲まれながらも”1人”になれる時間」

場所によって内装も運営スタイルも異なるので、僕は気分転換も兼ねて複数のコワーキングスペースを利用しています。

インスピレーションを受けたいときはココにしよう。
納期やばたん!集中!没頭!そんなときはココにしよう。
美味しいコーヒーを飲みながら過ごしたいときはココにしよう。

そんな感じで利用目的を振り分けています。結構楽しい!と言い聞かせている←

コワーキングスペース本来のコンセプトは、
同じ空間に居ることでできるコミュニティーを築き、それによって生まれる「つながり」です。
本来のニーズに沿って利用するのはもちろん、明確な利用目的を持たずとも、「人に囲まれながらも1人になれる時間」を欲する独立ゲイにとっても、大いに役立つ場所ですので、ぜひ自分に合ったコワーキングスペースを見つけてみてください!

以上、@CHIRORUでした!
活動拠点が増えたときは、随時こちらに追加していきまーす!

ゲイにおすすめ大阪コワーキング
\ 当サイトも参加しています /
にほんブログ村ランキング 人気ブログランキング