皆さんはBLで特に好きなジャンルとか、ありますか?
学園もの、任侠もの、ファンタジー、歴史もの、刑事もの、などいろいろありますが、俺はやっぱり「社会人もの、リーマンもの」が断然好きです。

運がいいとか悪いとか
(作:館野とお子)

読みながら同じ社会人の自分に置き換えたり、自分もこんな恋したいなぁなんて、夢見る夢男くんに浸るには、丁度いいんですよね―。笑

で、「社会人もの、リーマンもの」というカテゴリーのなかでもとても印象に残っている作品のひとつが、館野とお子さんの描くコチラ。

この絵が好きなんだよなぁ・・・笑、そう、このさっぱりメンズをねぶりたいの←ひぃぃx
館野とお子さんの作品で俺が最初に読んだのは大学生BLモノ「ピース」(下画像)で、思い入れがある分、そっちもおすすめなんですが、今の気分としては「運がいいとか 悪いとか」です。笑

以下、ネタバレ&あらすじ含みます。
運がいいとか悪いとか

0円サンプル

[著]館野とお子

↑無料立ち読みはこちら↑

ひょうきんなノンケ上司、国富の世話やき女房なんて周りから言われて、ひそかに嬉しい隠れゲイの主人公、岡田。
新入社員のころから国富を見てきて、これからもそばにいれれば、それで幸せ、と思っていた
──あいつが現れるまでは。
あるとき、他部署の加賀谷に国富への想いを見抜かれてしまうのだ。

加賀谷からほんとのところはどうかカマかけられたり、「男とやったことないの?」と問い詰められたり、あげくは「俺をあの人(国富)と思って抱かれていいから」と提案されたりしてしまい、それ以降、国富に告げられない想いを妄想の中で消化する悶々とした日々を送るようになっていった岡田は、気持ちのはけ口に限界を感じ、加賀屋の誘いに乗ってしまうのだが・・・

と、こんな感じです。

誰かの代わりと思われてるとわかっていて傷ついてるはずなのに、それでも岡田の前では平然として遊び人ぶる加賀屋。

だんだんと加賀屋との行為になれつつ、上司を好きな気持ちは変わらないのに、なぜか加賀屋が頭によぎる岡田。

ただ自分のことを慕っていただけと思っていた後輩が違うやつとそんな関係なのを見てしまい、自分への気持ちはどうなのか急に知りたくなって焦りだす国富。

三人にとって、この事態は運がいいのか悪いのか。
ラストのリアルな男達の行動が、秋の夜長にぴったりな余韻を残してくれます。

ちなみに、
俺はやっぱりチャラいのに意外と真剣な加賀谷が大好きダー!!抱いてくれー!!
失礼しました。笑

その他超絶おすすめは、

「恋は思案のほか」(大学生モノ)とか、

恋は思案のほか

0円サンプル

[著]館野とお子

↑無料立ち読みはこちら↑

「長い間」(社会人モノ)とか!!

長い間

0円サンプル

[著]館野とお子

↑無料立ち読みはこちら↑

まだの方は是非!!

\ 当サイトも参加しています /
にほんブログ村ランキング 人気ブログランキング