@CHIRORUです。
ウノハナさん、極上BLをどんどんリリースしてますねぇ笑

なんといっても、あのいじらしい泣くのを堪えるようなグッと眉間にしわ寄せる表情が、ウノハナさんにしか描けない表情ですよねwwwね!ね!わかりますよね!あれ見るといつもウルっときます。

初恋を処する方法
銀座ネオンパラダイス
声はして涙は見えぬ濡れ鳥
(作:ウノハナ)

あと筋肉の筋の描き方、ヤバいくらいにエロい…。

しっかりTINTINやTIN毛を描いてくれているシーンやアングルも、ウノハナさんならではの、まるで火照りを感じるような作画となっていて、今回ご紹介する3作品は、特にウノハナさんの描く男たちの熱情をたっぷり感じれる3つとなっています!

以下、ネタバレ&あらすじ含みます。

まずはこちら

初恋を処する方法【Renta!限定特典ペーパー付き】

0円サンプル

初恋を処する方法【Renta!限定特典ペーパー付き】

↑無料立ち読みはこちら↑

『初恋を処する方法』

忘れることなんてできない。最低で最悪なあの日の初恋―――。

小さい頃から夢だった小学校教師になった佳月(攻め)は、赴任先でかつての先輩・松田祐吾(受け)と7年ぶりに再会する。

高校1年の夏、野球部の先輩で初恋の相手だった松田祐吾(受け)が教師とセックスしている最中を見てしまった佳月は、口止め料として松田にフェラをされ3秒でイカされると同時に失恋した過去をもっていて―――。

ひとつ屋根の下で暮らすうちに、トラウマだった想いが再び加速する。
だけど以前より痩せた松田がある日、急に倒れてしまい―――?

先輩の心までは手に入らないけど尽くしたいと思ってしまう佳月と、佳月の前ではビッチだけど実はとっても優しくて、前の恋によってココロが脆くなっていた松田。

この恋、順番がバラバラだけど、佳月の想い・松田の想いが伝わる方法はあるのか―――?!

と、こんな感じです。

最初の1ページ目から特大TINTINが…!笑

純朴少年が大学時代に垢抜けて、ひと通りやることやってきたって流れで、
高校野球児だった頃のニキビ顔イガグリ頭の佳月が諸々モテ要素満載のイケメンになっているテイがいいです。笑

そうそう、いますよね、モテ男に大化けするやつwww笑

お次はこちら

銀座ネオンパラダイス

0円サンプル

銀座ネオンパラダイス

↑無料立ち読みはこちら↑

『銀座ネオンパラダイス』

またあの銀座のネオンの洪水を浴びて朝まで歩き回るんだ。おまえを連れて、堂々と―――。

戦後の昭和23年、東京・銀座。葵(受け)は出征以来、行方不明となっていた幼馴染の鷹彦(攻め)と再会する。
女にだらしなく、銀座での夜遊びが過ぎ、しまいには老舗の実家にも勘当されるような、どうしようもない鷹彦。でもそれ以上の魅力で周囲を惹きつける男。かつて、一夜を共にした男―――。
戦死の知らせはきてない…でも3年待っても帰ってこないんだ…そう思っていたのに。

昭和初期、激動の時代でありながら、戦前に歩いた銀座のネオンのように、お互いが向ける気持ちは鮮やかで温かい光を放っていく。

と、こんな感じです。

いい加減だけど、実は葵に対する想いは一途な鷹彦。

生きてたのに、葵が待っているのに、なんで3年間も音沙汰無しだったんだWWWWと読みながら悶々としましたが、堅実に生きてきた真面目な葵を見てきた鷹彦だからこそ、自分も一端の甲斐性ある人間になって戻りたかったんだな、と理由を知って納得できました。

てゆーか僕、受けなんですが、攻めの正常位中の背中~お尻にかけての躍動する筋肉が大好きなんです。
だからとにかくこの作品のエロシーンには満足ww、攻めのプリケツが、プリケツが、プリケ←←

こちらもかなりおすすめ

声はして涙は見えぬ濡れ烏

0円サンプル

声はして涙は見えぬ濡れ烏

↑無料立ち読みはこちら↑

『声はして涙は見えぬ濡れ鳥』

夏の京都、会沢(あいざわ|攻め)が一目惚れしたのは、同じ大学に通う3つ上の目つきの悪い無愛想な院生で隣人の烏生田凛(うごうだ りん|受け)。
その仏頂面の下に隠れている可愛さに、どんどん惹かれていく。
烏合田もまた、会沢の人の良さ溢れる笑顔に、気持ちの奥深いところまで侵入されているような感情を抱いていた。
そんなとき、烏合田が有名財閥の妾の子で、2年前父を亡くしていると知り―――。
何度も激しい夜を過ごし、欲情に溺れた夏の終わり、烏合田が会沢の前から姿を消す―――。

相手を思うがために、一度離れてしまう大学生×院生〜社長代理×新入社員の関係になるまでの、甘く切なく、激しいラブストーリー。

と、こんな感じです。

↑こちら、実は『ハイブリッド・スターダスト』(烏合田凛の義弟の話)のスピンオフ作品です。

ハイブリッド・スターダスト

0円サンプル

ハイブリッド・スターダスト

↑無料立ち読みはこちら↑

どっちかっていうと『ハイブリッド・スターダスト』のほうがスピンオフに見えるwwwそんくらい『声はして涙は見えぬ濡れ鳥』は印象に残るお話でした!ウノハナさんの作品のなかでも一段と目つきが悪い受けキャラ!! ですがその分、会沢に心を開いていく段階がより一層際立ち、ラストも感動させられまくりです…!!

どれも素敵な作品ばかりでベスト1を決めるのは悩んじゃいますね!!
まだの方は、是非!! 読破しちゃってください。

\ 当サイトも参加しています /
にほんブログ村ランキング 人気ブログランキング