@CHIRORUです。
「同級生」という言葉を聞いて、3次元の同級生より2次元のBL漫画「同級生」を思い出します。はい今日も元気です←

てゆーか、中村明日美子さんの「同級生シリーズ」、まだ読んでない方っているんですかぁ〜?(←ハイキュー月島っぽく、人を食った顔つきで←)
…いや、いきなりケンカ売ってすいませんwww

ごめんなさい。わかります。わかってます。

高確率で、「いやぁ、絵がちょっと癖ありで…ササッ(隠)」って思ってしまうパティーンですよね? うん、表紙だけ見ればそう思いますよね。

実を言うと、BLマンガ1000冊以上読んでいる自分も、最近ようやく読みました(白目)
ただ、皆さん、思い返してみてください。

いままで読んだBLマンガで、表紙の絵柄と中身のイメージが違ったパティーン。そういう経験ありますでしょ?それ、全部がガッカリしたことでしたか?

なかには、良い意味で裏切られた!と納得してその違いをあっさり受け入れたことはないですか?
表紙めっちゃ丁寧なタッチなのに中身は雑な線だったーーーだけどこの作品のそういうミスマッチさがイイ!
とか。ね?
この「同級生」も、表紙の印象と中身の絵の印象が少し違います。

中身の絵のほうが

  •  目がクリッとしていて愛らしい、めっちゃかわいい。 
  •  身体のラインも異様に感じない。むしろあの「細い」「太い」のコントラストが絶妙。 
  •  線がとても丁寧で間の取り方や余白使いも心地良い。 
です。

なので!つまりは!実は!

「少しの個性が萌えにつながる作品」というBL王道基準の絵柄だったんです。意外にも。

そんな感じで超絶オススメ作品「同級生」は、シリーズもので、発売順(読む順番)は以下となります。
―同級生シリーズ―
・同級生
・卒業生ー冬ー
・卒業生ー春ー
・空と原(番外編)
・O.B.全2巻

以下、ネタバレ&あらすじ含みます。
同級生

0円サンプル

[著]中村明日美子

↑無料立ち読みはこちら↑

『同級生』

パチパチ 炭酸がはじけた―――。

学園トップの秀才だけど目立たないタイプの佐条利人(細身受け)と、音楽好きのバンドマンでクラスでも人気なお調子者タイプの草壁光(細身攻め)。

合唱祭前の音楽の授業中、メガネの優等生・佐条利人が口パクだけで、歌っていないことに気づいた同級生の草壁光。やる気がないのかと思っていたら、誰もいない放課後の教室でひたむきに歌の練習をしていた。偶然目にした草壁は、思わず「み、みてやろうか!合唱祭まで!」と口にしてしまう。

青い時代のなかで、互いの恋心はゆるやかに高まり、寄り添い合っていく…。
爽やか・甘酸っぱい・思春期の三拍子揃った、男子校のピュアラブストーリーシリーズ!

と、こんな感じです。

夏編、秋編と季節単位の区切りになっていて、夏編で両思いになって、秋編でハラセンこと原先生がとんだピエロ役になったことで二人は逆に急接近って感じの流れになっています。
僕的は秋編がめっちゃ面白かったです。笑

学生特有の、気持ちとは裏腹に言っちゃった感とか、かと思えば、素直に想いを言葉にできちゃうはじけ具合とかが。

あと原先生の先生らしからぬテキトーな言動が、案外ツボでした。

「おめーら、口開きゃーラブだセックスだロックンロールだって。20年はえーよ」
「男とつきあうってどういうことかわかってる?」

とか、不躾な物言いだけど、実は彼の発言がきっかけで、佐条と草壁の関係は発展していきます。(ピエロwww)
原先生はもともとゲイで当時35歳。入学式当日、佐条と初めて話を交わす(佐条を好きになる)エピソードは、後に続く番外編『空と原』で描かれる原先生の次なる恋を見るうえで欠かせません。がんばれハラセンwww

きっと、原先生にとって、「佐条、ライターもってない?」と聞いて、「…持ってませんよ」と言ってもらう会話は、二人だけの特別な会話だと思ってたんだろなぁ。。。油断してたから、それを草壁に横恋慕されちゃうとか…原先生と同年代ゆえに同情するわwww

それにしても、佐条と草壁カップルを見ていると、本当ほっこり幸せな気分になります。年末にぴったり。こたつに入って読み返したい。…こたつ無いけど←

佐条は、どれもこれも悪いほうにばかり考えるから、草壁が人気者でモテてる場面を見たとなると、草壁から離れようとして、毎回草壁を困らせます。でもそんな純情ツンデレ少年佐条が草壁にとっては可愛くてたまらないんでしょうね。あとあの色気!! 草壁も原先生も、佐条のあの色気にやられたってのもあるんだろうな。電車で酔ってすぐ倒れる可憐な色白細身メガネ男子が、大人になるにつれ妖艶さが増していくんだと思うと、ジュルジュル…って感じなんでしょうか。

将来のこと、進路のことを考える三年生の夏、
草壁は佐条に、遠距離になる場所の大学を受けると知らされていなかったことを責め、佐条もまた、草壁が自分に進路のことをなにも言ってくれない不満をぶつけ、初めて二人は言い合いケンカをします。
そして高校最後の夏休み、ケンカで会えずじまいだったのに、大事な模試の当日に電車酔いで倒れた佐条を、素早く助けに来たときの草壁がオトコマエでした。
(俺は五郎丸選手みたいなラガーマンタイプのタチが好きなので(三次元の話だからね←)、華奢な体形のタチは好物じゃないんですが、)草壁みたいなオトコマエな発言連発されたら、急速に惚れますね、うん。笑
中学入試など、いままで肝心な日にいつも電車の人混みに酔って倒れ、好機を逃してきた佐条が、また倒れたことを落ち込んだときに草壁の言ったバキューン発言

「いいじゃん落ちても。やー、だってさ、佐条がそーゆう頭いー高校落ちてくれたからさ、
同級生になれたんじゃん 俺タチ。」

なんか、免許取って一皮むけた佐条、続いてとどめの一発。

「俺はね、どーいうふうに生きても後悔するときはあるし、逆に得るものもあると思ってんだよね。でも今んとこ、
佐条と別れるっていう選択肢はないんだ。」

きゃぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁwwwww

そんなトキメキレモン果汁100%の『同級生』、なんと映画化されます。それがすごい完成度っぽいんです!

予告動画はコチラ↓↓↓
第一弾PV

第二弾PV

すごいクオリティ高そうですね!と思ったら、やっぱ製作陣が人気女性クリエイター陣中心でそうそうたる顔ぶれみたいです。
しかも音楽がなんと押尾コータローさんのギター!BL映画で起用されることをOKした押尾コータローさんに好感しかない。抱いてほしい←
どおりで胸に響く音色だと思ったぞ!ゴンチチ以来やわww

動画どうですか?短い動画ですが、校舎の風とか教室の匂いとか甘酸っぱい恋とかを連想できる描写ですよね。いいわぁ。
草壁が想像していた通りの歩き方や走り方しててニヤけた笑
いやぁぁ〜この映画観たい。まじめにゆっくり、じっくり恋をするとこ観たいwww!!

2016年2月20日全国で公開するみたいです。実写化ではなく、アニメで劇場版になったのも嬉しいですね!

ドラマCDと同じ声優さんである野島健児さん(佐条利人の声)、神谷浩史さん(草壁光の声)を起用している点も、わかってらっしゃいますなぁ〜(したり顔)

てゆーかシリーズものなので、やはり「同級生」の続編「卒業生」、「O.B.」を続けて読んでこそ、この作品への満足度が高まるとってもんですよ!

『卒業生』

毎日、僕らは「卒業生」に近づいていく――――。
お互いの進路に向けて励み、夜に会う日々が増えた、キス以上進んでいない恋人同士。
卒業後の遠距離になる不安、佐条の母親の看病やカミングアウト、原先生に対する草壁の嫉妬、初体験、などなど、「同級生」では踏み込んでいなかった二人の将来を垣間見れる物語。

卒業生―冬―

0円サンプル

[著]中村明日美子

↑無料立ち読みはこちら↑

と、こんな感じです。

原先生、やっぱりここでも大人と男と先生の狭間でなにげにせつない役回り(泣)ハラセンの高校時代の恋も収録されています!!…不憫(涙)

『O.B.』

待ってました!! 大学生編です!!草壁の裸ショット多し!! 案外筋肉質で萌えたwww

あと、結婚!!←?!

最後の草壁のプロポーズ、最高。

「あのさ、今度から下の名前で呼んでいい? そ、そのうち、おんなじ名字になるわけだ、し。おいおいでいいんだけどね。んじゃ。」

O.B.1

0円サンプル

[著]中村明日美子

↑無料立ち読みはこちら↑

※ハラセンこと、原先生の恋を描いた番外編『空と原』も必読です。

空と原

0円サンプル

[著]中村明日美子

↑無料立ち読みはこちら↑

まだの方は、是非!

↓↓当ブログも参加しています!!

\ 当サイトも参加しています /
にほんブログ村ランキング 人気ブログランキング